無料ブログはココログ

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

類友

最近できたお友達。

くんくんっ何やらとっても親近感、と、以前から思っていましたが、

ちょっとしたときに、彼女が発した言葉一言で、

その直感を確信しましたscissors

「海外にお住まいだったこと、あるでしょう?」

う、うん。

「察するにアメリカね。」

う、うん。

「東かな?」

う、うん!

面識がまだ浅かった頃にいきなり切り込んでしまった私です。

でも、その直感はあたりました。

彼女はNYからの帰国子女(といっても、私たち、いい年齢のミセスですが。)で、

とってもマインドも言動も似ていたんです。

こういう感覚はなんだか学生時代のようshine

また楽しいお友達、見ーつけた!という、鐘の音が聞こえました。

ママ同士が意気投合すると、子どもたちも相思相愛になりますheart02

今日もおおいに盛り上がり、帰宅直前、そうそう、これ読む?

と彼女が手渡してくれたのは、おぉ!大好きな洋誌!

Mixibzjunes_016懐かしい感覚です。

かつては異国の地で、ぼろぼろになるまで日本の雑誌を回し読みしたものです。

今は、英語に飢えて、向こうの雑誌が読みたくて読みたくてhappy02

その感覚まで一緒でしたtulip

今はmixiの海外版で、日本にいながらにして(しかも徒歩圏内在住!)、

英語でやりとりする私たち。

いつかは日本でない国に居を構えると言う彼女。

それもとても素敵だけれどlovely

どうかどうか、この新しい友情がいつまでも続きますようにdiamond

いよいよ到来

かつては入学のお祝いに用意することが多かったと言われる学習机、

ですが、

我が家は時代の流れのとおり、

この4月、長女の机を用意しませんでしたbook

というのも、いまどきは子どもはリビングやダイニングで

お勉強することが多い&それがいい、そうなのですpaper

というわけで、我が家ではダイニングテーブルで今日まで

娘の宿題を見てきました。

Karimoku_001

伸縮ができるカリモクのお品で、

実家の別荘に同シリーズがあったことから、

予てから憧れていた逸品ですshine

Karimoku_002

重厚ですし、広がりますし、

妹と並んで座っても、宿題をするには十分ですが、

教科書の置き場も中途半端でしたし、

いざ書き物を子ども部屋でするには、

今までの小さなデスクや、リラックス重視のチェアーでは

物足りなくなってきてしまいましたcoldsweats02

Fuyouhin_064

こちらを二脚並べ、机も2つ並べて、姉妹で使わせていたので、

塗り絵程度までは十分だったのですけれどねcoldsweats01

しかも、ベッド脇には美しいスペイン製のコンソールを置いているので、

それも十分机にはなっていたのですが・・・

長く使うものだから、いいものに出合えたら取り入れてもいいのでは、と

思い始めていたところ、カリモクのボナシェルタシリーズに出合いましたheart01

グッドデザイン賞やキッズデザイン賞などを受賞しただけあって、

長く愛せるしっかりしたお品に、ショールームでうっとりheart04

無駄なものは一切なく、自分好みで必要なパーツを買い足せ、

自分使用にカスタマイズできるのも、我が家好み。

まもなく、我が家に到来、です。

届き、インテリアが整ったら、またご報告しますね。

まずは、子ども部屋のあふれるおもちゃたちを、

どうにかしなければbearingです!

心のこもった優しさ

子どもたちの学校生活と幼稚園生活が、

じょじょに軌道にのってきましたsun

これも全て、新旧のお友達たちのおかげ、です。

幼稚園生活に必要なものを追加で作りきれないcrying

あわあわしていたら、すっと差し伸べる手。

こちらは、手作りが得意なママ友が手際よく製作してくれたお給食用の

ランチョンマットやテーブルクロスですshine

Mixi_001_2

自転車がパンクして困っているのweepとつぶやけば、

即日出張費無料で来てくれる出張修理屋さんを

すかさず教えてくれるママ友もいましたdash

(そしてこちらはその修理屋さんがサービスでくださった寄せ植えheart01

Neww_003

プール開き直前、我が家は夏はクロックス一辺倒だったのに、

ビーチサンダルがお勧めと幼稚園に言われて呆然としてたら、

うちの子にはサイズがあわなかったから、と差し出してくださるママ友。

Neww_009

ひとさまに助けられて、平穏な毎日を送っていると、

かつて台湾の地元の人ばかりが集まるお寺で、

地元の人に混ざっておみくじをひいたことを思い出しますairplane

日本語も英語も通じない方たちに、

手をひっぱられて境内の横に連れて行かれたら、

そこに唯一、英語が出来る方がいて、

くじの内容を読み上げてくれました。

私はひとさまにとても助けられる幸せな運勢の持ち主ですと言われ、

自分の半生を振り返り、しみじみうなずきました。

きっとこれからもたくさんの人に支えられていくはず。

私はちゃんと同じようにひとさまに心をこめた優しさをもって、

生きているかしらclover

Neww_007

運命や宿命や

最近、改めて確信したこと。

それは、運命や宿命ってあるんじゃないかな。ということですfullmoon

あ、決して宗教づいたことではなく(私は何にも傾倒しておりませんwink)、

ただ、偶然って思っていることは必然だったのでは、とか、

どこをどうしても、やはりなることはなるし、出会う人には出会うし、

月日が経てもまた出合うことには出合うのでは、とclub

いろいろなことが続いて、そう確信したのですが、

そのうちのひとつが、10年来の友人との再会ですdiamond

彼女は、かつて一緒にポルトガル語を勉強したお友達。

人生の先輩でもあるし、

同じ秘書業務(でも別企業です)経験者でもありました。

物腰柔らかで、いつも気品あふれる彼女のことを尊敬&大好きだったのですが、

互いに多忙だったこの10年間。

結果、会っていない時間のほうが長くなってしまいましたweep

が、そんな彼女が一時帰国のたびに連絡をくれ、

やっと、数年ぶりに再会をはたせたのです!

しかも愛娘ちゃんを連れてきてくれました!

(顔の水玉モザイクは肖像権保護のため。)

0164

私たちが勉強したポルトガル語をつきつめるため彼女が

一路ポルトガルに単身で飛んだのは7年前。

ちょうど私が第一子を出産する頃でした。

私が独身だったら、きっと同じ選択をしただろうと思っていたので、

一流企業を惜しげなく退社し、ひとりで渡航したことを、

わがことのようにかげながら応援してきました。

そんな彼女が現地で国際結婚、そして、出産。

彼女の実家も他県ですし、

なかなか心していなければ続かないご縁ですが、

数年ぶりにあっても、変わらずあっというまの時間を過ごせるのが、

この出会いの運命shine

和カフェでのランチは、彼女にとっても癒しの時間でありましたようにshine

0152 0163

画像ではわかりにくいのですが、

こあがりのような床も壁もソファのような素材の店内は、

まだ1歳3ヶ月のベイビーちゃんを座らせておしゃべりするのに絶好の場所でしたよ。

靴を脱げてくつろげたので、とても気に入りました。

余談ですが、こんなお店がもっと増えるといいなと思います。

チャノマ

http://www.jellyfish.bz/shop/tokyo/chanoma-ueno/chanoma-ueno.html

さて。

次会うときには、Iちゃんもおしゃべりできるようになっているはず。

日本に帰ってきたときは日本語を、と話していたRさんですが、

私ぐらいはポルトガル語のお相手ができるよう、

7年前のテキスト、読み返してみましょうかpencil

4年後のFIFAといい、やっぱりポルトガル語は私の宿命言語のひとつのようですconfident

Dress_022 彼女がお土産に持って帰ってきてくれた幻のポルトガル塩(少しあら塩で、日本ではなかなか手に入らないお品です)を大切に使いながら、彼女たちのまたの帰国を首を長くして待つとしましょう。

違う角度で今の生活を見ること。

長女が開校記念日でお休みだった日。

二人でデートにでかけました。

当初、某テーマパークを予定しておりましたが、

諸般の事情で遠出が出来なくなり、

急遽、品川へdash

もともとエプソンの水族館へ行きたかったのですが、

平日はオープンが12時なんですねcoldsweats01

午前中が勝負な1日だったので、

オープンまでの時間がもったいない。

そこで、急遽訪れたのは、こちら、ユニセフハウスですsun

0134

平日の10時。

館内は空いており、私たち親子、

マンツーマンでボランティアの方に館内ガイドをしていただけました。

すごい贅沢ですshine

Dress_023

ユニセフは実は私にとって、とても身近な存在。

学生の頃、カードやはがきは全てユニセフで購入し、

世界の子どもたちへ思いを馳せてきました。

社会人になって、仕事で寄付金を生み出したときには、

迷わずユニセフにと、提言しました(子どもが関わる品だったからです)。

だから、いつかわが子にも、ユニセフを通して、

世界の現状を教えてあげたいなと思っていたのですflair

ただ、ずっとまだ早いだろうな、まだ理解しないだろうな、と思っていたので、

小学生になった長女、満を持しての来館confident

同じ歳ぐらいの子が、栄養失調で腕周り11cmしかなかったり、

女の子は家事手伝いをするため、学校に行かせてもらえない子がいたり、

年月を経て地雷が卑劣なものに進化していたり・・・と、衝撃がたくさんweep

帰りに親子でアンケートを書きました。

長女が迷わずすらすらと鉛筆を滑らせる姿を見て、

連れてきてよかったなと思いましたcatface

当たり前が当たり前だと思ってしまうのが、一番残念なことです。

世界には小さな自分にはまだ計り知れないことがたくさん起きており、

自分の悩みなど些細なことだと気がつけたらいいと思うのです。

または、別の角度で冷静に自分の置かれた状況を見ることもいいと思うのです。

違う角度で毎日の生活を見直すこともいいと思うのです。

そういったメッセージは、いくら親が言葉を重ねても伝わらないこともあると思います。

だから、娘が自分で気がついてもらえるまで、

親として私は喜んでたくさんの遠回りをしたいなと思いました。

あら。美味しそう。

子どもに見つかったらたいへん、な、魅力的なパッケージeye

ただの桃じゃなくて、ネクター、というところに、とろみへの期待が増します。

きっと濃厚だわねー。

大人のデザートにもなるわねー。

凍らせて、ブレンダーでかくはんして、大人のスムージーにもなるかもlovely

どこまでも食いしん坊さんな私。

ベルギーの旅 4日目

いつものメンバーで、ベルギーの旅に出てまいりました。

ベルギービールの会、B会ですbeer

多忙な面子ですが、月1ペースが保てていますscissors

お品は毎度おなじみ、ベルギービールジャパンさんより、お届けいただきました。

http://www.belgianbeer.co.jp/

Bkai_017

送料無料のセットものを中心に購入してきましたが、

回を重ね、いよいよ、飲んだことのあるものばかりになってしまったので、

単品で、各ジャンルごとに2本ずつくらい、ピックアップしてみました。

Bkai_018

VALEIRは、ベルギージャパンさんの新製品だそうで、早速、ゴクゴクっ!

うん、とっても飲みやすい。

私たちメンバーは、トリプルなどの強めが好きなので、

ビールを呑み比べながら、あれこれコメントしますが、

自然と好みがはっきりしてきます。

さらっとしたあっさり系やただひたすら甘口のタイプよりも、

クリスマス限定のような、冬向けでパンチのきいた

濃いお味のほうが評価が高くなりがちですheart02

Bkai_016_3VALEIRは、個性が強すぎず、でも、日本のビールのようなシンプル過ぎないお味が、お食事によく合いました。

あ、このグラスがAさんがこの会用にと購入してきてくれた、

私たちがLOVEなピンクの象さんビールのグラスです。ね、大人可愛いですよねheart04

Bkai_004 さて、毎回食事もKさんによって凝りにこったお品が登場するB会。お食事に合うビールの発見は重要なことです。

今回は、Aさんが行き着けのBARでいつも注文している「タコライス」!

Bkai_005 Kさんの手にかかると、タコライスの御肉はひき肉ではなく、スライスのお肉をチョップすることから始まります!

クミンなどのスパイスもきかせた大人バージョンと、子どもバージョンの2種類を作ってくださるのも、素敵な心意気shine トマトもたっぷり刻み、栄養満点。

Bkai_006

Bkai_009 サルサソースだけでも、ビールが進んでしまいましたnote

子供用にはクリームチーズが入っていて、これはこれで美味!Bkai_012

Bkai_014 大人用のタコライスには、ソラマメのつけあわせも。あぁ、美味しかったlovely

Bkai_007おつまみは今回私が担当いたしました。いろいろ迷いながら、サンクゼールさんであれこれお買い上げ。枝つきレーズンだけでなく、もっとドライフルーツがあったらいいのにな。

Bkai_010奥に写っている白い八つ橋のような風貌のおつまみは、魚のすり身のような皮でカマンベールが包まれた、神戸のお品。斬新でした。

Bkai_008   今回もおなかいっぱい頂戴しました。

そして、修道院系ビールにはずれなし、というのが、今回の私たちの確信。

奇をてらったものより、歴史あるお品のほうが、私たち日本人が想像しえない材料が絶妙にブレンドされており、香りや深みなどから、強い感銘を受けます。

ベルギービールは200種類ほどあるそうで、私たちがトライしたのは、まだ数十本。

ま、まだベルギービールビギナーな私たち。

全制覇まで、これからが勉強。楽しみですhappy02

健康が何よりの財産だから

Kutsuya_095 家族みんなが元気でないと、

楽しいことがとんでいってしまうような気がして、

急に健康に敏感になりはじめましたfuji

Kutsuya_093・・・なんて思っていたら、こんなに集めちゃいました、サプリ・・・coldsweats01

キホン、運動、食事、睡眠、リラックスだと思いますが、

どうしてもフォローしきれない栄養素ってあると思うのです。

いろいろ勉強し始めたら、楽しくなってきてしまいました。

過剰摂取はいけませんがpaper

サプリを飲むという行為は、

自分の身体の声に耳を傾ける機会になるかなと思うのですflair

Kutsuya_094  母がお気に入りの山田養蜂場さんのプロポリスも我が家にやってきました。

Kutsuya_096

カルシウムは基本的にじゃこや乳製品でとりますが、

そのカルシウムの吸収をよくするサプリをのむとか、

そういった形で身体を整えるのは、食生活を見直すきっかけにもなりますrestaurant

自宅で育てていたトマトがようやく赤く色づき始めました。Kutsuya_098 リコピンは自家製で摂取。

Kutsuya_099 娘の手の中でキラキラ宝石のように輝いていた栄養素は、朝食やお弁当にhappy02いれました。

さ。あとは、毎日たくさん太陽を浴びて、精一杯動き、夜はぐっすり眠りましょmoon1

料理は愛情

料理は愛情とはよく言ったものだ、と、やっと最近理解できるようになりました。

美味しければ手段はなんだっていいじゃないrestaurantと思っていた私。

デパチカのデリも、インスタントな食材も、どんどん使うタイプでしたが、

料理上手な友達に出会い、横っ面にぱーんちrock

「口内炎ができてしみそうだから、今日はこれ。」

「疲れが抜けないといっていたから、今日はこれ。」

「今日の午後はたくさんお外で遊んだから、これ。」etc...いろいろな思いがあるから、

今日のお献立、だったりするわけですよね。

0109

そんなことに気がつくのに、かなり時間がかかった、私ですcoldsweats01

0106  心を入れ替えてから、私の料理が今少しずつ変わり始めています。

Undoukai_014 今日食べたものが、未来のカラダを作ると思ったら、添加物も気になるし、どこ産の素材かも気になります。

リコピンだ、アントシアニンだ、と、栄養素も気になります。

そしてもちろん、一生懸命、下ごしらえして作ったお料理が家族の口にあったかどうか、笑顔の行方も気になりますhappy02

美味しいものは、いつでもどこでも手軽に手に入る時代だからこそ、いま、私は自分で料理することを、見直そうと思います。

緑好き

いつの日からか、祖母と同じ「緑」が好きになりました。血でしょうか。不思議なものです。

そして、ガーデニングなんて、と思っていた私が、今、ガーデニングに目覚め始めています。本当に不思議club

サボテンすら枯らす女と自虐しておりましたが、Oku_017かつて10年来の友人にポトスをもらって、もう6年近く育てられていることに自信をつけました?!

まずはハーブ類から始めます。

一番近くのお花屋さんには求めていたものがなかったので、田園調布にお散歩がてら行ってみました。 ここには欲しかったものがたくさん!!!

まずは甘い香り高いアップルミント。

そして、バジル。

あ、食いしん坊なセレクションですね・・・coldsweats01

Oku_016

さらに、次はプチトマト。これは昨年から探していたんので迷わずお買い上げです。娘たちの大好物ですからね。

Oku_015 

今日は庭師の方にも来て頂いて、家の樹木を確認していただきました。

エゴノキもツツジも全てすくすく成長中。

「日当たりいいんですね。とてもよく成長していて、大切にしてくださっているとわかります。」とお褒めいただきましたconfident

転居して1年、とても忙しかったので、正直手入れと言う手入れは以前はできていなかったのですが、最近心がけて、枝をせんていしたり、鳥の巣箱をかけたり、ヘデラを整えたりしていたので、匠に褒められて少し嬉しかったですcatface

Photo

生い茂りすぎると、木の生長を阻んだり、見栄えもよくないと学んだので、

思うように切ってみました。

でもただ捨てるのは心苦しく、一部部屋に飾ることに。あら、美しいshine(←自画自賛)

Photo_2

ヘデラも強い植物なので、部屋で飾っても長持ちしますね。

大事なグランビエールのグラスを器に飾ってみたら・・・あら、いいかんじnote

Photo_3 緑は部屋にあふれたけれど、なんだか色が寂しいので、先日友人のお母様にプレゼントしたガーベラの可憐さが忘れられなくて、自分用にも買いに走りましたdash

グリーンは我が家の庭木から拝借。花瓶はイッタラでいけてみました。

うん、テーブルが華やぎます。満足notes

ベランダのコンテナで育てているお花を近々じか植え予定。ひろーいお庭があるお宅と比べたら、猫の額な我が家ですが、ガーデニングビギナーな私には、十分すぎるボリューム。これからも楽しみたいと思いますwink

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »