無料ブログはココログ

« 世界一のオーストラリア朝食ビルズで学ぶ | トップページ | ダイエット・ブッフェ~ 「ナチュリズム」 追記 »

ダイエット・ブッフェ ~南雲先生監修ごぼう茶

ダイエットを意識し始めて、

しっかり水分をとっています。

夏場は水2リットルでしたが、

少し涼しくなってきた今、

意味のあるお茶で、水分量をフォロー。

そこで、

こちらのお茶!

Img_17591

パッケージがかなりTHEで、

渋いけれど、一度飲んだらおいしさがわかります。

「すらり」 ごぼう茶のあじかん

かつて、いくら若返りたくても南雲先生みたいな食生活、無理、と思っていたけれど、

ひょんなことから、現在2食のくみたろう。

夕飯を食べなくてもすこぶる元気で、

じわじわ体重を減らすこのダイエット法をいたく気に入っていますから、

1日1食の日がいつか来るかな~(いやー、子どもが手がかかるうちは

無理かなぁ~)と、ごぼう茶を飲みながら思ったりして。

ずっと気になっていた、あの、南雲先生お薦めごぼう茶です。

ごぼう茶・・・如何せんイメージがね・・・

美味しくなかったら、ショックだわ。。。。

と思っていたら、

ビックリ!美味しい!

株式会社あじかんのファンサイト「あじかんファンサイト」

ごぼう茶、というのは、作り方でこんなにえぐくないんですね。

焙煎された、香ばしいお茶、というかんじ。

いくらでも飲めます。

いやなにおいなどもいたしません。

Img_17601

おりしも、デトックスが必要なタイミング。

ごくごく飲みました。

頑固なおなか、

ごろごろと音はするも、

1包目にはまだ実感がありませんでしたが、

2包目から何やらアクティブなおなかに。

Img_17611

美味しいからリピ率も高いらしい、あじかんの「焙煎ごぼう茶」。

他のごぼう茶を飲んだら、

逆にショックを受けるかもしれませんね。

ごぼう茶が美味しいと刷り込まれた私です。

◆ゴールデンキャンドル
熱帯アメリカ原産のマメ科植物。インドネシアでは1300年も前から薬用ハーブとして用いられてきました。
フラボノイド等のポリフェノールが動きをスムーズに。



◆ケツメイシ(決明子)
和名を夷草(エビスグサ)というマメ科植物。日本でも古くから、焙煎したお茶を民間薬として用いてきました。




◆焙煎ごぼう
ごぼうに含まれるさまざまな栄養素や機能性成分の中でも健康と美容に関与する成分が、食物繊維、ポリフェノール、カリウムです。
他の野菜に比べてこの3つの成分がバランスよく含まれており、焙煎することでさらにポリフェノール量がアップします。(特許番号5661263号)この焙煎ごぼうを配合することにより、香りがよく飲みやすい味に仕上げました。

このごぼう茶との出合いで、

ケツメイシって、こういうのなんだー、と、

ミュージシャンの名まえになぞらえて、思った、くみたろうでした。

あじかんさん、素晴らしい商品の開発、ありがとうございました!

あじかんファンサイトファンサイト参加中

« 世界一のオーストラリア朝食ビルズで学ぶ | トップページ | ダイエット・ブッフェ~ 「ナチュリズム」 追記 »