無料ブログはココログ

« 子どもといっしょに軽井沢2017 その2 カーリング | トップページ | 美食備忘録 2017.5  紀州の梅酒ほか »

子どもといっしょに軽井沢2017 その4 名店ジャムレシピで手作り

今回の旅行のテーマは「家族で新しいことにチャレンジ!」
軽井沢には何度も行っているけれど、
いつも同じことばかりしていたので、あえてです。
何度も買って食べていたから美味しいとわかっている沢屋のジャムを
自分たちで作る体験を申し込みました。
いろいろなコースがありましたが、
我が家はモーニングで。
私自身はよくジャムを作っていますが、
夫はもちろん、子どもたちも初めて。
沢屋さんのジャムは、私もそうですが、
砂糖と果物しか使わないので、
安心です。

Img_77071

でも家族は砂糖の量にびっくり!!!

そうよー、ジャムってたいがいそうよー。

私は、ジャム用なのに、苺が立派でびっくり!!!

贅沢だわー。さすが沢屋さまです。

ひとり1台コンロを使って、煮詰めると、

いい香りが漂います。

幸せ!

Img_77081

ひとり1瓶作れます。

ラベルも可愛くマイネームつきで仕上げてくださり、

お土産に苺シロップが1瓶ついてきました。

あら嬉しい。

お宿の美味しい朝食をキャンセルしても

こちらにしてよかったモーニング。

美味でした。

Img_77091

ロシア代表カーリングの選手も召し上がったピロシキも食べられたし、ぶどうジュースも赤と白があり、どちらも美味しかった!

パンはおかわり自由です。

できたてのいちごジャムとあいまって、これまた美味で、

幸せ度マックス!!!!

そのあと、ショップで、ひとり1瓶、好きな味のを買って帰ってきました。

いちごジャム4瓶だけでなく、

さらに4瓶。

しばらくジャム天国!!!

季節折々、作るジャムは変わるそうですので、

また軽井沢に行くときは必ず立ち寄りたいと思います。

 

 

【マクロビオティックケーキ】

« 子どもといっしょに軽井沢2017 その2 カーリング | トップページ | 美食備忘録 2017.5  紀州の梅酒ほか »