無料ブログはココログ

« 今流行のPASMOケースを作ってみました。 中編 | トップページ | 今流行のPASMOケースを作ってみました。 おまけ »

今流行のPASMOケースを作ってみました。 後編

さぁ、いよいよ、牛乳パックを使って作るPASMOケースづくり、

最終段階!

作った4つのパーツをアセンブリーしていきます!

今回地図柄の生地が内側になりますので、

2つずつあわせるとこんなかんじ。

生地選びがいかに重要かがわかりますよね。

Img_87681

まずは斜めポケットのあるほうを

組み立ててみます。

ウラっかえしにするとこんなかんじ。

さきほど、一番傾斜が強い1面だけのりしろをはってあって、

あと3面のりしろを何もしていなかったですよね。

それで、この内側の台紙を包み込むように

糊付けします。

Img_87691

間違ってもポケット部にまでボンドづけしないように。

何も入らなくなりますよ~

 

反対側の組み立ても同じです。

(あ、これ、白い面が内側になってしまっているので、

間違えですね。

濃い生地だから牛乳パック柄がでなくて、セーフでしたが。

Img_87711

ポケット部にはボンドはつけず、

のりしろ部にボンドをつけ、

真ん中の地図柄のパーツを包み込むように

のりづけします。

こんな感じ。

2セットのパーツができました。

さぁ、これを1つにまとめます。

牛乳パックの柄が出てしまっているところに(!)

しっかりきっちりボンドをぬりまして、

Img_87721

あわせます。

あんまりたっぷりすぎても、サンドにしたときボンドがもれちゃいますが、

たりなくても、はがれやすくなるので、

難しい加減です。

Img_87731

しっかりあわせるとこんなかんじ。

あ、、、、、PASMOが顔を出す小窓の四角さ加減が甘い…(T・T)

ちょっと失敗です。

Img_87741

裏側はこんなかんじ。

こちらには時刻表なんかをいれておくのにちょうどいいですね。

Img_87751

さぁ、しっかりボンドがくっつくまで、

両手でおさえたあと、

四隅を洗濯ばさみで押さえます。

Img_87761

ただ四隅を抑えるだけだと、洗濯ばさみによっては

いやなギザギザなどがついてしまうので、

布地のはぎれを間にはさんでとめます。

 

最後にハドメで穴をあけて、紐やチェーンを通したり、

無地生地にレースなどをつけたり、

アレンジはいくらでもききますね。

Img_87771

いろいろな布地で作ってみたくなりました!

 

 

マルトモ株式会社のファンサイト「マルトモファンサイト」 

« 今流行のPASMOケースを作ってみました。 中編 | トップページ | 今流行のPASMOケースを作ってみました。 おまけ »