無料ブログはココログ

« シンガポールへ家族de旅行GO! GATE 0 | トップページ | きれいで合理的なお心遣い »

シンガポールへ家族de旅行GO! GATE 0.5

はい、毎度恒例、旅支度のお話。
今回のデスティネーションは、常夏のシンガポール。
意外と都会。
6日間。
さて、何持って行きましょ?
海外旅行歴30回以上の私の
精鋭グッズ、お伝えします。
 
<スーツケース>
慌てました。
旅慣れしすぎてしまった私たち。
 
前日までスーツケースに荷造りをしていなかったら、
前日朝、いつもスーツケースがあるところに
スーツケースが1つ見当たらない!!!
 
・・・すっかり忘れていましたが、
昨年のタヒチ旅行後、
壊れて捨てたような?!
 
・・・急きょ出先でお買い上げ。

Img_95411

大は小を兼ねると、
90リットルは基本、と思っていましたが、
いろいろなサイズがあったほうが
今後なにかといいのでは?と思い立ち、
今回は少し小さめを買いました。
 
わが家の小学生と中学生は
CAさんくらいのマイスーツケースがあるから
荷物は自分で運べるし、
 
お店の方に、1泊10リットルが目安ですと言われたので、
今回の旅行サイズにしましたよ。
 
あとから思ったことですが、
世の中のスーツケースは本当に似たものが出回っているので、
ターンテーブルで自分のだとわかるように、
いろいろとカスタマイズしないと、
今後が不安です。
 
シールはがれてしまうこともあるし、
大きなバンダナとか、スーツケースベルトとか、
さいきんよくあるスーツケースカバーとか、
やっぱり必要ですね。
 
<服>
常夏に行くのは身軽でいいですね。
 
私の最愛リネン服も活躍しました。
蒸し暑いので、東京と同じ感覚でいいと思います。
 
チリクラブ、ラクサetc...
食べ物が服についたら目立つもの、多い気がするシンガポール。
濃いめの色服、正解でした。
 
本当に服の持参数はミニマムでよいと思います。
小分け洗剤を持って行って、部屋で干せば、
ホテルの部屋の乾燥も防げるし、すぐ乾くし、
なんだったら、周辺に
都会だからお店もたくさんあるしね。
 
はおりもの: シンガポールは室内が冷房キンキンなので、
はおりものはマスト。
 
長袖長ズボン: 防虫や防寒、宗教的なことのためにも、
サファリ系など、行く場所によって
長袖長ズボンも1セットはあったほうがいいかんじです。
 
靴下: たくさん歩く人は靴下×スニーカーも。
観光地はとにかく1つ1つ広いので、
たくさん歩くこと間違いなし。
 
水着: いまどき水着はいろいろなデザインがありますが、
THE水着じゃないといれてくれないアトラクションが
アドヴェンチャーコーヴにありました。
私のデニム素材の水着を見て、
それは水着じゃないから入れないと言われた私。
 
押し問答したけれど、ダメの一点張り。
ぷんぷん。
この話はまたあとで。
 
帽子: 本当は必要ですが、
お天気がいまいちだったので、
私たちはあまり活用しませんでした。
 
むしろ小雨対策で、ウィンドブレーカーや折り畳み傘が有用でした。
ちなみに8月のシンガポールの雨は
傘が絶対必要、ほどの長さでも量でもありません。
 
<ビニール袋>
ビニール袋はいくらあっても重宝します。
濡れたものをいれたり、ゴミ袋にしたり。
国によってはお店のビニール袋が有料だったり、
もらえてもすぐ破れたり、
ゴミ箱がなかったりもするので、
これは各国共通マストアイテム。
 
でも、シンガポールでは
意外とそこかしこでビニール袋ももらえたし、
ゴミ箱もあったなぁ。
 
<変圧器>
電気製品のコンセントが違ったりして、
日本の家電がそのまま使えないことが多い海外。
シンガポールの私たちのステイしたホテルは
持参したけれど不要でした。
どういうしくみなんだろう?
 
<バッグ類大小>
意外とあると便利なのが、
エコバッグ的なバッグ、リュック、肩掛けバッグの3種類。
 
どれもちゃんとしたものではなくて、
ナイロン製くらいの、汚れても濡れても泣かない、
軽いもの、がいいと思います。
(カジノやら高級レストランに行かない限り)
 
出かける先によって、水着入れにしたり、何かと便利。
 
<筆記用具>
何かと便利なのが、
日本の書きやすいペンとメモ帳サイズの紙。
英語いまいち、なタクシーの運転手に
間違いなく住所を伝えたり、きいた出口をメモしたり、お役立ちです。
 
<財布>
今回しみじみ思ったのは、
いままでお財布はいつも旅では小さめを持参していましたが、
海外旅行こそ、がんと大きいものがベターかも?!
 
見慣れぬお金がざっと見分けられるような長財布にしたら、
重いコインもかさ張るレシートもいっぱい入り、
今回重宝しました。
 
<ティッシュ>
アレルギーもちな我が家の娘たち&私。
飛行機で、街中で、やはりどうしても鼻を頻繁にかむのんで、
日本で無料で配られるようなポケットティッシュが
めちゃめちゃお役立ちでした!
いくつあっても軽いからいいですよ!
買うと高いしね。
 
<ウエッティ or 除菌ジェル>
旅行全般でマストなこちら。
シンガポールでもマストでした。
子どもたちには1人1個持たせました。
また気が付いたら、追加しますね。
コーセープロビジョン株式会社 米肌のファンサイト「コーセー米肌」 

コーセー米肌 新発売のエイジングケア化粧水

« シンガポールへ家族de旅行GO! GATE 0 | トップページ | きれいで合理的なお心遣い »