無料ブログはココログ

« クリスマスネイル | トップページ | 人生3分の1は美しくなる時間 »

互換インクという存在

本当に驚きました。
 
プリンターのインクってどうしてこんなに高いの?!
どうやら日本だけではないそうで、
海外の友人とチャットをしていても、その話で盛り上がりました。
でも、数年前、私、発見しました。
口コミという地味な形で知りました。
互換インクというものの存在!
 
 
インクなんて、純正一択しかないと思っていた私にとって、
そのプライスとクオリティは衝撃でした。

Img_0595

もうこれで主宰しているお教室の教材づくりも、
フライヤーづくりも、
年賀状も、
子どもたちのためのプリントづくりも、
どーんとこい!
と思ったのに。。。

Img_0596

昨年買い替えたプリンター、
メーカーを使い慣れたキャノンから某社へ移し、
いつものとおり互換インクを買ったら・・・
 
驚きですが、
「純正インクではありません」という検知ポップが出てきて、
びっくり。

Img_0611

純正のインクじゃないと・・・・とというウォーニングが出てくるのを初めてみましたが、
正直、純正じゃなくても、私は何枚も何十枚も互換インクでプリントしていましたが、
全く問題がありませんでした。
某社、なんて小さな営業努力!!!
やっぱりキャノンのままにしておけばよかったー。
心おきなく互換インクのままでいられたのにー。

Img_0610

というわけで、
毎度、面倒なウォーニングポップアウトを忌々しく消しながら、
今日もプリンターと格闘している私です。

Img_0612

« クリスマスネイル | トップページ | 人生3分の1は美しくなる時間 »