無料ブログはココログ

« 天使の輪対決 | トップページ | 美白と美肌 »

口と足で描く芸術家協会~ 生きるよころび

凄惨な事件が続く中、

毎日、自分の生き方に想いを巡らせます。

誰にだって日々の生活の中で多少の不服や不満があったり、

思うようにいかないこと、納得のいかないこと、努力がなかなか実らないこと、、、、

いろいろありますが、それでもぐっとこらえたり、

えいやっと乗り越えたりすることが必要な瞬間って

あると思うのです。

そういう気持ちになれるきっかけを、なんとなく過ぎてしまう毎日の中で、

自分に与えるように、

私は自宅のそこかしこに、

自分を奮い立たせる絵画を飾ることが好きです。

52e5db85c13c47e6a708591a8377c268

ここ数年、私の心のいち支えとなっているのは、こちら。

口と足で描く芸術家協会のファンサイト「口と足で描いた絵」

の、絵画たち。

展覧会などがときどき開催されているので、

ご存じの方も多いのではないでしょうか。

あいにく私はこれまで展覧会に行ける機会に恵まれておらず、

リアルな絵画を目の前にしたことがないのですが、

家族が折々に買ってきてくれる絵画を使って作った商品や

HPを拝見して、そのすばらしさに触れています。

今愛用しているのは、年間スケジュール帳↓

39b6e2b1810845fa86006d89bcdcdd95

口と足で描く芸術家協会 ネットショップ

ページURL
http://www.mfpa.co.jp/interview/makino/vol1-1.html

口と足で描く芸術家協会ホームページ内には、

今、【画家のアトリエ】牧野 文幸「生きるよろこび」が公開されています。

画家のアトリエ 牧野 文幸【生きるよろこび】

高校生のときに水泳中の事故で、体の自由を制限される人生になった牧野さん。

口で絵を、そして詩をしたためることを生きるよろこびとして、

強く、そして、ときに繊細に、

たくさんの作品を残されています。

こんな躍動感のある絵を、書道を、

したためる方にお目にかかりたい!と思って読み進めていたら、

ホームページの特集最後のほうで、他界されていることを知り、

胸が苦しくなりました。

命がつきるその日まで、生み出されたであろうたくさんの作品は、

ホームページ上でも、命の息吹を感じます。

強い信念や、前を向き続けた精神力を感じます。

画家の一言2018春夏

口と足で描く芸術家協会

生きている限り、絶望をする瞬間はきっと何度も起こるのだろうと思います。

親があれこれ言葉を紡ぐより、と、

子どもたちにはたくさん読書をさせて、

これまで生きることのすばらしさやよろこびを感じるように

導いてきましたが、

ぜひ苦難を乗り越えて、

さらに生きることを全力でまっとうしている方たちの作品からも、

学び取ってもらいたいなと思いました。

【画家のアトリエ】牧野 文幸「生きるよろこび」

« 天使の輪対決 | トップページ | 美白と美肌 »