無料ブログはココログ

« 学生さんですか? | トップページ | 修学旅行のお土産 »

漫画みたいな話

 

05c819af3b694c17a8d33656af719713

ダンスの練習場に行くと、

社交ダンスの場合、

人生の大先輩たちとフロアを共にすることが

往々にしてあります。

中には

もう体はほとんど動かないけれど、

音楽を聴きに来ている。

踊っている人を見に来ている、

というつわもの(失礼!)もたくさん。

だから、かなりのご年配がソファに座って動かなくても、

もはや驚かない私ですが、

この日は、かなり驚いたことがおきました。

 

83ee130ac1804994a6d93f43052386cf

音楽にあわせて歩くのがやっとくらいのおじいさんが、

ミキシング(縦に一列男女が並んで、順番に踊るというもの)で

私と組むことになり、踊りました。

基本、どんなお相手でも120%フルパワーで踊るわたしは、

1歩目でおじいさんが体が動かないのがわかったので、

音楽にあわせて、それっぽく歩く作業に徹しました。

音楽を楽しめて、それなりに楽しかったので、

それはそれで大満足。

マナーですし、終わったあとも、

きちんとお辞儀して御礼を申し上げるのも、

私流。

ダンスですもの。

練習場ですもの。

大会じゃないんですもの。

楽しく礼儀正しくね。

練習ももう終わりにして帰ろうかとしていたときに、

さっき躍ったおじいさんに呼び止められました。

おじいさん「きみ、上手だよ。」

わたし「あ、ありがとうございます。」

おじいさん「いや、本当に上手だよ。長いこと踊ってるの?」

わたし「いえいえ、学生のころちょっと。最近20年ぶりにまた。」

おじいさん「基礎ができてるんだね。音楽にも合っていた。ここにいる誰よりうまいよ。」

わたし「そんなそんな、まだまだです。」

おじいさん「わたしは60年ダンスの教師をしていたからわかるんだよ。」

と出してきたお名刺には、

某都心企業のオーナー名と、

衝撃の某ダンス業界の役職名が!!!!!

「もう一回踊ろう。」

とおじいさんが踊ってくれたときは、なんと、フルスロットル。

本当は結構踊れるのに、どうやら手を抜いていたようで・・・・

「きみはプロになれるよ。そのまま自分を保ってがんばりなさい。」

とおほめいただきました。

(ご褒美にそばにいた奥様らしき方にお菓子もいただきました。)

3182f7263a594e26b035b0417c7ae3ee

一緒にいた友達も漫画のような展開に

口をあんぐりと開けていました。

この歳で、プロになる気はもはやないけれど(笑)

ダンスのように正解がない芸術に対して、

おほめいただくことが何よりの心の支え。

そうじゃないよ、こうだよ、と、にわか教師のようになっているアマチュアのおじさまたちに

無償ご指導いただくと、心が折れそうになることも時々(^^;;)

でも、やっぱりペアダンスで相手ありきのダンスをしているから、

上手いと褒めていただける人がいたり、

一緒に踊ると楽しいと言ってくださる方がいたりするだけで、

心がはずみます。

よく漫画などで、会社の社長が作業服で水やりをしていたりするなんて

話がありますが、まさにそんなかんじのびっくり体験な1日でした。

ANDJのファンサイト「ANDJ(アンドジェイ)」

サロペットorスリットスキニー+機能性Tシャツ

« 学生さんですか? | トップページ | 修学旅行のお土産 »